アジア各国TOEFL得点ランキング
日本が最下位だって!本当ですか?



順位 国 名

TOEFL

平均得点

1 インド 581
2 フィリピン 577
3 ブータン 567
3 ブルネイ 567
5 中国 560
6 パキスタン 538
7 スリランカ 537
8 マレーシア 530
9 香港 523
10 韓国 522
11 ネパール 521
12 ミャンマー 518
13 インドネシア 517
14 アフガニスタン 516
15 カンボジア 514
16 マカオ 512
17 ベトナム 511
18 バングラディシュ 510
19 台湾 508
20 ラオス 506
21 モンゴル 502
21 タイ 502
23 北朝鮮 498
23 日本 498

 

【フィリピンで英語を特訓すると、目からウロコ】

1位と2位のインドとフィリピンが、日常的に
英語が通用する国だとわかります。
日本は受験英語、つまり偏差値英語のために、
最低6年間も勉強していても《英語が使えない》のですね。

このような状況を改善するためには、現在の英語学習方法
を変える必要があります。1週間の中であなたが英語の
学習に使える時間は限られています。その限られた時間
の中で適切な方法で効率よく英語を学習することがキー
になります。ビジネスに限らず、留学や日常の国際交流
など、日本人にとって英語がいかに必要とされているか
が分かります。

しかし、そのTOEFLの得点ランキングがアジア最下位
という衝撃的な結果が出ています。

(*)TOEFLは、アメリカを中心とする大学に留学
するためには必ず受験しなければならないテストで、
読む、書く、聞く、話すの総合的な英語力の評価が
できます。イギリス・オセアニアではIELTSが標準
テストです。


日本には、高校の数を越えるほどの膨大な数の英会話
スクールが存在します。そして、全国の英会話スクール
の生徒数は80万人と言われています。フィリピンで
4週間〜8週間で200時間〜400時間訓練すると
TOEIC200〜300点UP、IELTS1.0〜1.5、
TOEFLiBT20〜40点UPします。


 
ble>